白髪の原因それは血行不良


頭皮の血行不良は、白髪や薄毛の原因にもなります。そして白髪、薄毛は実年齢より老けて見えてしまいます。

また白髪、薄毛など髪のトラブルが進んでしまうとなかなか元に戻らないのが髪のトラブルです。

白髪、薄毛の解消はなかなか大変です。
進んでしまってからでは折角の対応も効果が出ない場合が多いのが髪のトラブルです。


なぜ頭皮の血行不良が良くないかというと、毛根への栄養が不足がちになり、健康なサイクルで髪が成長しなくなるからです

また、髪を黒くさせるメラニン色素はアミノ酸やミネラルなど多くの栄養を必要としています。
それらが不足すると、メラニン色素が不足し白髪になります。


白髪は栄養不足で起こるのですから、いかにきちんと栄養を行き渡らせるかが大切になります。
血行不良ですと栄養が行き渡らないのですから、まず血行を良くすることが薄毛対策にも役立つのです。

血行不良の簡単な対策は毎日のシャンプーの時に頭皮をマッサージすることです。
指の先で、爪を立てず優しくマッサージします。

オイルを使ってマッサージするヘッドスパもオススメです。
ただ、オイルを使用した場合はきちんと洗い流すようにしないと、毛根を詰まらせ逆効果となります。


そして何より大切なことは食生活です。
身体を温める食材は、唐辛子や生姜などの香辛料や冬野菜が一番です。

身体を冷やす食材を食べすぎるのは良くないようです。
夏野菜のトマトやきゅうり、生野菜は身体を冷やしますのであまり多く食べるのはオススメできません。


頭皮に触ってみて固いイメージがあると大体血行不良といわれています。
血行の良い人の頭皮は柔らかいので触ってみて、固いと感じたら早速今日から頭皮マッサージをしてみましょう。
posted by 白髪もおしゃれ染めでリフレッシュ at | 白髪の悩み・疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白髪予防とストレスにはビタミンc



ビタミンcはストレス解消に効果的です。
白髪の解消はビタミンcの摂取で抑えられます。

ストレスと髪の毛の関係はとても深く、過度のストレスがかかると白髪が増えることがあります。苦労すると白髪が増える、という話をよく聞かれると思います。

身体にストレスがかかると、毛細血管が収縮してしまうため、毛母細胞の働きを弱める原因になります。


白髪を減らす食べ物として効果的なのは、まず良質なタンパク質、コラーゲン。これは、毛髪も皮膚と同じでタンパク質(コラーゲン)から出来ているためです。

またストレスに対抗するためのビタミンCもたくさん摂りたい白髪対策栄養素です。さらに、血流をよくして白髪の予防にもなるビタミンEも大切。白髪には黒ゴマがいいと言いますが、白ゴマより黒ゴマの方がビタミンEがたくさん入っているようです。

白髪 どこから白くなる.jpg
白髪の解消はビタミンcの摂取で抑えられます

過度なストレスがかかると、体内のビタミンCが消費されます。
ビタミンCには、「ストレスを緩和する、コラーゲンの生成を助ける、抵抗力を高める」などの働きがあります。ストレスの多い現代人は、特に、ビタミンCを十分にとる必要があるのです。


かぜ予防や肌の健康のために、「ビタミンC」が大切であることはよく知られています。最近では、ストレスとの関係や、成人病予防の面でも、ビタミンCが多いに注目されています。

つまりストレスはビタミンcを摂ることによって抑えられます。白髪に関係するストレスはビタミンcで緩和されしいては白髪を抑えることができるということです。


バランスのとれた食生活を心がけながら、ビタミンcの摂取またストレスの解消法を身に付けることによっていつもでも元気な髪でいたいものですね。
posted by 白髪もおしゃれ染めでリフレッシュ at | 白髪対策サプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。