白髪染めの染め直しの注意点は?


白髪染めにはヘアカラー、ヘアマニキュア、一時着色料などのさまざまなタイプとカラーがありますが、染め直しする場合はよく考えてやらないと思うように染まらない場合があります。



白髪染めの染め直ししをする場合で今までヘアマニキュアを使っていた人がヘアカラーに切り替える場合、思うように染め直しすることは難しいようです。


これは、ヘアマニキュアを完全に落とさないと重ね染めではうまく染まらないからです。
ヘアマニキュアがしっかり落ちるには、1日1回シャンプーするとして、5〜6回シャンプーしないとヘアマニキュアが落ちないようですね。


ヘアマニキュアをしっかりと落としてからヘアカラーに切り替えることが鍵ですね。


同じヘアカラータイプの白髪染めどうしで染め直しする際に注意しなければならないのは
暗めのカラーから明るめのカラーにするのは出来ないということです。

白髪 先端 根元
白髪の染め直し

白髪の染め直しにもいろいろと約束事があるようですね。
白髪染めは色落ちしにくいことを特長としているため、暗く染まった色を明るくすることは非常に困難です。


自然に退色するのをまつか、ヘアサロンでは髪に定着した染料を落とす技術があるので、すぐに明るくしたい方は相談してみましょう。



これとは逆に、明るめのヘアカラーで染めたものを暗くするには、同じ暗めのヘアカラーでも大丈夫ですが、一時着色料のほうがしっかりと暗く染められます。



白髪を染め直しする場合、自分の望む色に染めるにはいろいろと約束事があるようなのでそれらを知ったうえで色を選びましょう。

posted by 白髪もおしゃれ染めでリフレッシュ at | 白髪染め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。